「車掌だ!GO 地下鉄編」


ゲーム内容

実感的な操作が出来る車掌シミュレーションゲーム

 

車掌シミュレーションゲーム「車掌だGO!」シリーズの最新作です。舞台は都会の「メトロ金座線」。町の大動脈の安全運行を担う、車掌さんのお仕事体験ができます。今作では全駅にホームドアが設置され、近代的で実感的な車掌動作が可能です。



開発において

 前作の私鉄編をベースに、ホームドア等を追加して開発を行いました。ホームドアに関しては実際の装置を観察し、信号動作等も再現しました。今回は「ホームドアと車両ドアの間に乗客がいる時に発車合図を出したらゲームオーバー」としたため、ドア挟みでの減点は無しとしてみました。

見どころ

ステージ選択画面では乗務車両がステージボタンに表示されるようになりました。クリアすると次のステージボタンが出現します。

今作ではホームドアが設置されました。電車のドアと連動して動作します。ホームドアが閉まると、ホーム上のホームドア戸閉め灯が点灯します。

列車が起動すると視点が箱乗り視点へと切り替わります。私鉄編に登場する電車の、地下鉄乗り入れ仕様の車両も登場し、乗務車両にバラエティを持たせました。

 

古い車両も登場します。ホームドア戸閉め等の横のDマークは、列車が停止位置から離れると消灯します。

先行列車遅れ等のハプニングステージもあります。指令から無線が入る他、出発信号機の点灯開始時間等にも、通常ステージと比べて変化があります。


紹介動画


ダウンロード