「車掌Sim 私鉄編」


私鉄電車の車掌シミュレーションゲームです。

 

  車掌シミュレーションゲーム「車掌Sim」シリーズの主軸作です。ドアランプの消灯や傘などの荷挟み確認が必要なほか、ホーム上に出発信号機・戸閉め表示器を設置しました。

また、緊急停止ボタンが押されるなど、ハプニングイベントがランダムで発生するほか、ダイヤによって天候や空の景色が変わり、実感的な車掌体験が可能です。乗務できる車種は6種類に拡大。旧型車両「20系」は片扉の車両で、車両バリエーションに富んだ鉄道会社での勤務を体感できます。



開発において

   私鉄編では初代車掌ゲームの観光鉄道編をベースに、ドアランプやホーム上出発信号機を追加し、通勤電車路線の再現を目指しました。また、乗客の動きをできるだけ自然にすることには特に苦戦しました。

 一般公開する予定のゲームであったため、車両のバリエーションを考える上では、関東系の車両と関西系の車両の両方の要素が入るように配慮しました。また、ドアランプが消灯しない確率(消灯しないまま発車合図を出すと減点)の設定に関しては、確率が低すぎるとゲームとして面白くない一方、高すぎると現実味がなくプレイ中にイライラしてしまうことから、何度も修正を繰り返しました。

   BGM関連ではミュージシャンhasyの書き下ろしBGMを利用させていただきました。また発車メロディも制作してくださいました。

 2021年9月にゲーム名を「車掌だ!GO 私鉄編」から「車掌Sim 私鉄編」に変更し、大幅アップデートをしました。「車掌Simシリーズ」は地下鉄編において初めにアップデートをしましたが、好評だったため私鉄編でも同様のアップデートをすることにしました。

 アップデートでは、地下鉄編と同様に乗客をリアルにしたほか、「ト」「○」と表示される戸閉め表示器を一部駅に設置。また、傘やバッグなどが高乗車率の際にランダムでドアに挟まってしまうイベントも追加しました。

    また、細かい部分では「車両の窓配置の変更」「複線化して逆のホームも配置」「街並みのリアル化」などを行い、都会を走る私鉄路線感がさらに増しました。 

     縦山駅管区の駅員の声は元鉄道運転士ナレーターの響丈様にご担当いただき、元運転士の質の高いお声を楽しむことができます。


見どころ

ダイヤ選択画面では「天気」「上り下り」「ダイヤ時間」「車両」を選択できます。ゲームを進めていくとポイントが溜まり、選択できるボタンが解放されます。


基本的なボタン類を右側に配置し、片手でも操作しやすいようにデザインしています。視点はジョイスティックで移動できます。


車掌用モニタで放送を流したり、空調を調整したりできます。


乗降が終わりブザーを押して電車が起動すると、視点が箱乗り視点に変わります。


促進放送ボタンを長押しすると乗客が走ります。


高乗車率の際には、傘や荷物がドアから飛び出てしまうイベントもランダムで発生します。


緊急停止イベントもあります。右上の非常停止弁を引くと電車が急停車します。


片扉車両も登場します。



紹介動画


テーマソング

「車掌だGO!シリーズ」および「車掌Simシリーズ」のテーマソングは、ミュージシャンhasyの書き下ろし「Wing for you」です。


ダウンロード